赤ちゃん用品の基礎知識&豆知識

赤ちゃん

赤ちゃんを迎える際、ベビーグッズをどこまで揃えるかというのは悩みがちなところです。あれもこれも出産前に用意しておかなくては、と考える方もいるかもしれません。しかし、世間のパパママたちの声を聞くと、ベビーグッズの中でもよく使う物とあまり使わない物があるなど、家庭によってベビーグッズの使用頻度がまちまちであることがわかります。決して安い物ばかりではないので、全て揃えるとなるとまとまった金額にもなります。生まれた直後から、確実に使う物だけを揃え、あとは成長を見ながら徐々に買い揃えていくという方法でも良いでしょう。ベビーグッズは赤ちゃん用品店で買うほか、通販サイトなどでも購入できるため、もし赤ちゃんが生まれてなかなか買い物に出られないというときでも、必要な物を揃えることは可能です。なお、購入したベビーグッズは、実際に使用する前に1度洗っておくことをおすすめします。特に衣服や寝具などの布類は、赤ちゃんの肌に直に接するものであるため、のりを落として吸汗性をアップさせたり、肌触りを整えたりするため、洗った方が良いでしょう。また、このような目的で布類を洗うことを「水通し」と言います。洗う際の洗剤は、可能であれば赤ちゃん専用のタイプがおすすめです。もし大人用を使う場合は、蛍光剤が入っていないものを選ぶと良いでしょう。柔軟剤は赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまう可能性があるため、使わない方が無難です。

赤ちゃん用品の種類とそれぞれの特徴

赤ちゃん

それでは、ベビーグッズの中でも定番の用品についてご紹介します。まずは哺乳瓶です。ミルクなど飲み物を与えるときに使用します。商品によって、入る容量やちくびのサイズなどに違いがあります。月齢に合わせて種類を選ぶことが大切です。次に紹介するのはベビー服です。赤ちゃん用の衣類には非常にさまざまな種類があります。服の下に着る肌着は半袖・長袖、丈の長短などで種類が異なります。また、服も裾がワンピース状になったドレスオールや、ズボンのようになったカバーオールなど、つくり・デザインによって複数種類があります。気温や部屋の温度によって何を何枚着るかが変わってくるので、衣服を選ぶ際は季節などを意識しながら考えると良いでしょう。赤ちゃんを連れて外出する際に便利な抱っこ紐は、各メーカーからさまざまな商品が販売されています。商品によって使い勝手が異なるので、着脱のしやすさや、使用時の安全性などをポイントに選びましょう。なお、抱っこ紐は首がすわるようになってきた頃から使用するのが一般的ですが、首がすわらないうちから使える横抱きタイプにもなる商品もあります。